チュラムラへようこそ

沖縄初の地域密着型ウミガメ保護研究団体です

生息、渡来に関わらず、絶滅の危機に瀕しているカメの生存率を向上する活動を行っています

団体について

私たちは沖縄本島中部にて、長期にわたりウミガメの巣のモニタリング活動を行うパイオニアです

沖縄ウミガメ保護団体であるチュラムラは、沖縄本島中部に拠点を置く地域密着型のボランティア非営利団体(NPO)で、沖縄の自然海岸地域の保全と、沖縄に生息するウミガメや渡来するウミガメの保護に取り組んでいます。

私たちの使命は、沖縄でのウミガメの孵化、水路や海岸線での移動の際の生存率を向上させることで、そのために啓発活動や個体数減少につながる要因を軽減するための支援を行っています。

patrick-jansen-G-S5hYka7ug-unsplash-scaled

保護

沖縄本島中部の海岸線30km以上をパトロールし、海岸の清掃やウミガメの営巣活動の観察、監視、保護、記録を行っています

救助

年間を通じて打ちあげの緊急通報に対応し、病気、負傷、網などに絡まれたりして海岸に打ちあげられたカメを救出しています

教育

働きかけを行うプログラムの一環としてさまざまな活動を実施し、学校や地域団体を対象にウミガメ保護についての講演を行っています

調査

沖縄のウミガメの種類や数が安定しているかを見るために、営巣と打ちあげの調査を実施し、データを収集しています

私たちの大義

団体の活動

私たちは今後 5 年間で、孵化場とリハビリセンターの両方を兼ねたウミガメ保護センターの設立を目指しています。

その目標に向けて、私たちは現在、施設の設置が計画されている沖縄本島中部を中心に、島全体でのウミガメの活動を監視し保護しています。

活動およびプログラム

地域社会とのつながり

沖縄のウミガメの保護をさらに促進するために、保護教育と調査に重点を置いた地域プログラムを年間を通じて実施しています。

打ちあげられたカメを救出するための緊急通報に対応し、30km以上の海岸線をパトロールしています

沖縄初のウミガメの写真識別プロジェクトを設立し、一般市民にご参加いただいております

ウミガメの保護について、学校や地域団体に対して「働きかけ」を行うプログラムを複数実施しています

沖縄のウミガメの種類や数が安定しているかを見るために、営巣と打ちあげの調査を実施し、データを収集しています

レンジャー・プログラムを通じて定期的に海岸線を監視し、脆弱な巣を保護しています

毎年ウミガメ・フェスティバルを主催し、教育ブース、地元業者、ウミガメ・オリンピック・ゲームなどを通じて地域の結びつきの強化をめざしています

ウミガメ、サンゴ礁、その他の海洋動物を脅かす危険なゴミを取り除くため、島内のさまざまな場所で毎月ビーチ・クリーンアップを実施しています

海洋保護を推進するキャンプを主催し、海の生物やその生息地の保護に関する感化を子供たちが受けられるよう努めています

メスのウミガメは20~30年後に孵化した浜に戻って産卵します

開発や人間の介入によって、産卵のためにその場所に戻れない場合、他の場所に卵を産むことはありません

ご支援ください

あなたができること

請願書に署名する

沖縄本島中部に日本初のウミガメ保護施設を設置するため、署名をお願いします

chura-mura-logo-and-turtle

1918

署名数

2500

次の目標

ボランティアになる

あなたの時間と専門知識をボランティアとして提供することで、当団体にご協力ください。現在募集中のボランティアポジションについては、以下をクリックしてください

NestExcavation_Sept11-2023_5

寄付する

ウミガメと海洋環境を保護するための運営費を賄うための寄付をお願いしています。ソーシャルメディアで私たちをフォローして、寄付がどのように使われているかを確認してください

456,185円

現在の集計

50

寄付者数

100万円

ゴール
実績

団体の活動が影響を与えています

ボランティアチームが巣を保護するための十分なリソースを持っていれば、約80%のカメが無事に孵化します

0 +

保護された卵

0 +

救出されたカメ

0 +

打ちあげ調査

0 +

保護された巣

一部の専門家によると、孵化から成体になるまでに生き残るカメは1万匹に1匹だけだそうです。したがって、彼らの生存をサポートしてあげることは極めて重要なのです

すべての子ガメを大切に

お問い合わせください

お問い合わせ

Eメール

info@churamura.org

緊急連絡

+81 80-5537-9991

住所

〒904-0325 沖縄県中頭郡読谷村瀬名波640-1

ja日本語